Saturday, June 3, 2006

Hans de Roos




Hans de Roos (ハンス・デ・ルース)
1956年にインドネシアのジャワ島西部にある西ジャワ州 (Jawa Barat) の州都バンドン (Kota Bandung) においてオランダ人の両親の間に生まれた。
1986年以降、ミュンヘン (München) を拠点として活動しているアーティスト。

ハンス・デ・ルースが生まれた頃のインドネシアは情勢が不安定で、ナショナリズムに傾斜した社会運動が市民生活を脅かすほどになってしまい、一家はオランダへと戻った。
ハンス・デ・ルースは、アムステルダムの大学とドイツのベルリン自由大学 (Freie Universität Berlin ) で政治学と社会科学を学んだ。
また、同じ頃、写真、彫刻、オブジェ、パフォーマンスについても積極的に学んでいる。
ドイツからアムステルダムに戻り、都市の中央にアーティストの実験的なコミューンがあることを知ると、ヨーロッパ中から集まった60人の若きアーティスト達に混じって一緒に働き始め、資金を調達し、芸術的で社会的な様々なプロジェクトに関わった。
1986年、ミュンヘンに移り住み、自身の個人的な芸術的なプロジェクトに集中、現在に至る。


ポストしたのは、

"US Classics - After “Marilyn Diptych” by Andy Warhol, 1962"
"Perceptions of Spain - After “Rêve, causé par le vol d'une abeille” by Salvador Dalì, 1944"
"Perceptions of Spain - After “Les demoiselles d'Avignon” by Pablo Picasso, 1907"

の3点。

Hans de Roos - Photography - Munich
ART-FORUM.org

No comments:

Post a Comment